不運にも交通事故にあってしまうということもありますが、その場合は保険などを使って事故の補填をしてもあることになります。特に被害を受けて治療が必要になった場合は、しっかりと治療にかかった分の治療費を請求することが大事になってきます。しかし、このような交通事故はいつも頻繁に起こるわけではありませんし、法律的な用語についても一般の素人にはわからないこともあります。中でも、交通事故が起こった時のお金のやり取りは様々であり、示談金と呼ばれたり、慰謝料などと呼ばれていてよくその違いが判らなかったりします。

まず、示談金については、事故を起こしてしまった加害者とその被害者同士が自由にいくら払うかといったことを決めて金銭のやり取りを行うものです。ですから、法的に決められた慰謝料の相場以上であっても、それ以下である場合もあるということです。一方、慰謝料に関しては、法律上定められている治療費の算出方法により決定することになるので、受け取ることができる金銭は決まっています。また、法律で決められた相場以上の慰謝料を請求することは可能ですが、交通事故の場合はほとんど認められることはありません。

これらのどちらの方法が良いとは一概には言えませんが、大事な点としては、交通事故を起こしてしまった加害者とその被害者が納得した金額になるということが大事になってきます。この問題が解決できないと、弁護士が必要になったり、裁判が必要になってきたりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です