現在の社会では車は人々の重要な生活の一部になっています。特に公共の交通機関が充実していない地域では、一家に一台ではなく、運転者一人一台という地域も珍しくはないでしょう。自動車を運転する方は、他の交通手段を使われる方よりも心配なのが交通事故にあってしまう確率が高いことだと思います。運転していれば、加害者になること被害者になることの両方の可能性が高いです。

もし交通事故にあってしまったら、やはり気になるのは慰謝料です。その事故の内容によっては慰謝料を払う立場、払われる立場どちらにもなりうるので、慰謝料の原則を知っていれば、損をしてしまうことも減るかと思います。交通事故の慰謝料には3種類あり、簡単に言うと、自賠責保険によるものと任意保険によるものと、弁護士会によるものです。自賠責保険によるものは計算方法が法によって定まっているので、比較的わかりやすいでしょう。

任意保険によるものは自賠責保険では補えない場面に利用できます。保険会社に相手方との示談交渉を任せられたり、特約などで弁護士に交渉してもらう料金を無料にできたりするので、確認してみるといいかもしれません。最後に弁護士会によるものとは、裁判所の考え方や過去の判例などから計算する方法です。どの計算方法で算出するかによって、慰謝料の金額も変わってくるので、ご自身で示談交渉する際にはこういった知識を少しでも多く持つ事が重要になってくると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です