交通事故の慰謝料とは、どういったものなのでしょうか?これは、修理費用や治療費用などの実費とは完全に別にものなので、もちろんある程度の相場というものがありますが、この状態ならばいくら、というように明確に決まっているものではありません。ですから、極端な話をすれば、慰謝料を1億円請求しますといっても、別に違法でもなんでもなく、もし裁判になって、正否が争われて、その金額が正しいと認められれば、決められた金額を払わなければいけません。一億円というのは、かなり大げさな金額なので、実際には交通事故の慰謝料というと、大きな怪我が無ければ、数十万円、後遺症が残るような怪我が発生した場合は、治療費とは別に数百万円というのが目安になるのではないでしょうか。ただし、これもあくまでも目安に過ぎないので、もし自分が交通事故の加害者となってしまった場合、相手が法外な慰謝料を請求してきたら、きちんと対応しなければ、場合によってはその金額を払わなければなりません。

内容証明や、裁判所からの呼び出しが来たら、絶対に無視したりせずに、保険会社や弁護士などに相談するようにしましょう。慰謝料は相手との関係によって、金額は変動してしまいます。事故が発生した時に相手側に高圧的な態度をとるのは論外ですが、相手に不快感を与えないような対応を心掛けることで、金額で無駄にもめてしまうことが無くなる可能性は高くなります。事故後の対応に気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です