相続をする際に気をつけなくてはいけないのは、亡くなった人が残した遺産の中には現金や貴金属、そして不動産などの資産だけではなく借金などの負債も含まれていることです。借金のような負債が存在すると知らずに相続の手続き行うと、残された家族がそれらに関する負債の弁済をしなくてはいけなくなりますので本当に注意が必要です。では、こうした負債を弁済しないようにするためにどのような手続きをすればよいのでしょうか。最も簡単な方法は、財産を相続するための権利そのものを放棄することですがこの方法を利用すると万が一相続財産の中に有利となるものが含まれていた場合であってもそうした権利も放棄しなくてはいけなくなります。

こうしたことにならないようにするためには、借金にあたる負債だけを全て無くして現金や不動産などの資産だけを残すような手続きを弁護士に依頼しなくてはいけません。このための手続きのことを限定承認と言い、限定承認をすれば残された都合の良い財産だけを相続することが可能です。残された遺産を継承する権利は、亡くなった人が現れた場合には家族に対して必ず与えられるのですがこの権利をどのように扱うのかに関しては本人の自由です。弁護士に依頼をすればその権利を行使することも放棄することも、そして限定承認で都合の良い部分だけをもらうこともできます。

財産に関しては遺留分などの制度もあって複雑なので、わからない時には必ず弁護士に相談しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です