相続問題といえば家族が揉めるイメージがありますが、揉め事が起きる前に弁護士へ相談しておくという手があります。弁護士は法律の専門家であることから、生前に相談を行い対応しておくことで相続人争いを防ぐことができます。高齢化社会に突き進んでいる現在、遺言書の書き方相談や相続放棄するべきかどうか、遺産相続がまとまらなくなりそうだから何とか対策しておきたいなど多種多様にわたります。遺言書の書き方については、記入したい内容を考えて下書きしておいたものを相談時に持ち寄って検討するところから始めれば将来の揉め事を防げます。

遺産放棄については借金も相続してしまうことになるため、資産と借金額を総合的に調べる必要がありやはり法律家である弁護士へ相談することが適しています。また、生前贈与を積極的に行うことで贈与税の計算を考慮に入れて最善の方法を考えておくことができます。それでも争いが発生してしまった時には、やはり弁護士の出番となります。こじれる前に法律家へ任せることで家族間で仲直りするきっかけになります。

各自弁護士を立てて訴訟にまで発展した場合、訴訟費用が膨大となり本来受け取れる遺産が少なくなるおそれがあります。このため、法定闘争に持ち込む前にいかに解決するかという点で専門家の知恵を借りることになります。生前に相談している法律家がいれば間違いがないので、遺言書の作成と更新も専門家指導のもと行ってゆくことが家族の平和につながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です