それなりの財産があるならば、相続のことは考えておいた方が良いです。骨肉の争いに最も発展しやすいのは、財産であるからです。特に相続の財産の分配で揉めることになります。ですが、法律的にはほぼ平等になっています。

長子だから、末子だから、ということでそこまで大きく差をつけて相続させるのは不可能です。これは個人の遺志でもそうなっています。あくまで子供は平等であり、伴侶には半分の権利があります。但し、厳格な平等ではなく、遺留分さえ確保されていればよい、という法律があるのも確かです。

そこで揉めることもありますが、これは遺言がしっかりと出来ていれば争いようがないので、遺す側の責務として遺言はキチンとしておくべきです。その相談先として弁護士がいるわけです。すべての法律関係の業務を弁護士は行うことができるようになっています。そして、相続に関することはそこまで大変ではないです。

財産の把握、遺言状の書き方、そして保管、いざ実行するときの開封の依頼などやれることはいくつもありますが、やるのは難しくないからです。弁護士であれば、大抵の人はできます。弁護士にも得意不得意があるのは確かですが、そこまで大きく能力に差が出る法律行為ではないです。遺言書がない状態で揉めている場合の解決などは面倒なことが多いですが、純粋にいくらかの権利を確定させるだけですから、揉める要素すらないです。

しっかりとした弁護士に依頼しておけば、安心できます。広島で相続のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です