財産、というのは相続するとき、させるときにお金がかかることがあります。また、当たり前ですが、所有権が移りますから、手続きをしないと駄目なこともあります。そうしたことがまったくできない人も多いです。要するに知識がないわけです。

それこそ、一生に何度もあるようなことではないですし、どうしても学ぶのが面倒なのは確かです。そこでよいのが弁護士です。弁護士は相続関係の手続きをすべてすることができます。その為、安心して、お願いできるようになっています。

司法書士などでもよいですが、揉めたときに非常に大変です。調停させる資格が司法書士にはないので、あくまで弁護士にすることがお勧めできるわけです。それと財産的な価値云々の話も弁護士はできます。税理士としての行為もできますから、細かい財産の話もできます。

それと絶対に相続をさせないといけない身分の人もいます。これは法律で遺留分、というのが決まっていますから、それはクリアする必要があります。逆を言えば、遺留分があれば、差をつけてもよいわけでもありますので、そのあたりのことも聞くとよいです。ここで揉める可能性がありますから、手続きをしっかりと取ってもらうべきです。

そうすれば、家の争いも防ぐことができます。意外と揉めることが多いのが、遺産相続であり、どうしても対策はしておかないと駄目です。直視することを避けたいと考えている人が多いですが、財産があるならば早めに話をつけておくべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です