親族などが亡くなった場合には、遺産を相続する権利が発生します。もし財産の持ち主によって遺言が残されていれば、遺言の内容が優先的に実行されます。しかし遺言が残されていなければ、民法で定められた通りに遺産を分配することになりますので、遺産分割協議を行う必要があります。誰がどれだけの遺産を引き継ぐことが出来るかと言うことは、民法によって決められています。

しかし全てのケースで民法通りにスムーズに、遺産分割の話し合いが成立する訳ではありません。不動産など分割しにくい遺産もありますし、相続人同士で利害が対立する場合もあります。その様な場合は、出来るだけ早い段階で弁護士に相談することが大切です。弁護士に相談するからといって調停や審判を視野に入れている必要はありません。

むしろそこまで協議が難航しない為に、相談することが必要です。ですので、話し合いが拗れてから弁護士に相談するのではなく、トラブルが発生する前に相談することが大切です。遺産相続の紛争解決を得意としている弁護士事務所では、税理士や不動産鑑定士などの専門家とも連携していますので、遺産相続に関してトータルに相談することが出来ます。相続人同士だとお互い感情的になってしまい、冷静な話し合いが出来くなるケースもあります。

そこに弁護士のアドバイスが加われば、冷静に話し合いを進めることが出来ます。親族同士がお金のことで揉めることは出来るだけ避けたいですので、大きなトラブルに発展させないことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です