遺産相続協議書は相続人の意思で遺産を分割する時に作成する書類です。基本的に遺産は民法の規定に従って分割を行います。民法では相続人の順位が定められており、第一順位が被相続人の配偶者と子供、第二順位が被相続人の両親、第三順位は被相続人の兄弟姉妹という形で、被相続人と生計を同じくしていた可能性が高かった順に相続の順位が高く、分割割合も多くなっています。兄弟姉妹はある程度の年齢になると別々の家庭を築いている可能性が高いですが、配偶者と子供は基本的に被相続人と同じ家に住み、同じ生活をしていることが多いですよね。

相続が発生したことによって生計を同じくする家族がいきなり財産をなくすようなことがないように、生計を同じくしている可能性の高い家族ほど順位が高く、優先的に遺産を受け継ぐことができるように民法が配慮した結果です。しかしこの民法の分割は、遺言書が在った場合は遺言書が優先します。遺言は被相続人の意思での遺産分割です。もともと遺産は被相続人のものだったわけですから、本人の意思で分割を指定するならそれがいいという法律のスタンスです。

遺言とは反対に相続人の意思で遺産分割をするのが遺産分割協議です。家族ごとに色々と事情があるでしょうから、例えば相続人間で「実家は長男が相続することにしよう」という形で、事情に合わせて遺産相続の中身を決めるのです。話し合いをして決定した事項は遺産相続協議書にまとめます。この遺産相続協議書ですが、必ず弁護士や司法書士に作ってもらってくださいという法律上の決まりはありません。

相続人が作成することも可能です。必ず法律家に依頼する必要はありませんが、後でトラブルにならないように相談した方が安全ではあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です