遺産相続協議書という名前は聞いたことがあるけれど、それってどうやって使うの?どんな時に必要になるの?と疑問に思うことはありませんか。全ての相続で遺産相続協議書が必要になるわけではありませんが、自分も含めて家族は何時か亡くなってしまいます。人が亡くなると相続が発生します。相続はとても身近な出来事です。

だからこそ、知識として覚えておくことは必要ではないでしょうか。相続は基本的に民法に定められた相続割合に従って分割が行われます。民法には相続人の順位と順位それぞれの遺産分割割合がきっちり定められています。相続においてはこの民法の規定に従って遺産を相続人で分けることになります。

これが基本的な相続です。しかし、遺言書があればこの民法での分割に優先します。遺産はもともと亡くなった人の財産でした。被相続人のものだった不動産や預金なのだから、自分があげたい人にあげたいだけ指定した方がいいだろうという法律の配慮です。

自分のお金は自分があげたい人に相続してもらいたいですよね。だからこそ、元々の持ち主が遺言書として意思を残していれば、そちらを優先させようというわけです。遺言は被相続人、つまり亡くなった人の意思による分割です。対し、遺産分割協議は相続人側の意思による遺産分割をいいます。

相続人が遺産を受け取るにしても、相続人には相続人の事情があります。東京に住んでいる次男と実家に住んでいる長男では、やはり同じ相続人であっても事情が異なりますよね。兄弟で「兄さんが実家を相続した方がいいよ」という話になることも珍しくありません。だからこそ相続人で遺産分割を話し合い、遺産相続協議書にまとめて分割が可能です。

遺産分割協議書は相続人の都合で遺産分割をする時に作成し、使う書類です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です