人が亡くなると相続が発生します。相続では、被相続人の預金や不動産、有価証券といったプラスの財産と、借金や未払金などのマイナスの財産を相続人が受け継ぐことになります。相続というといきなり預金や不動産が転がり込むという印象がありますが、決してそうではありません。マイナスが多いといきなり多重債務者のなってしまうこともある、時に注意を要する制度なのです。

しかし、特にマイナスがなければプラスである預金や有価証券、不動産をどのように分割するかという話になります。相続の対象になる財産は被相続人のものです。死人に口なしだからこそ、相続に関しては厳格なルールが定められています。基本的に遺産は、民法に定められた順位と割合に応じて分割されます。

順位一位は配偶者と子供、二位は被相続人の両親、三位は被相続人の兄弟姉妹です。ただ、遺言書があれば民法で定められたこの分割割合に優先しますので、遺言に則った分割が行われます。しかし、遺産の分割方法はこれだけではありません。相続人が話し合い、遺産相続協議書を作成することで分割をすることもできます。

遺言書は被相続人の意思での遺産分割ですが、遺産相続協議書を使った相続は相続人の意思に沿った相続になります。例えば、父親が亡くなり、配偶者である母親と息子である長男が相続人になったとします。父親名義の実家を相続するとして、民法の規定に従えば配偶者である母親が半分、息子が半分を相続します。しかし、遺産相続協議書を作成し、息子一人が相続することも可能です。

このように相続人の意思で遺産分割をすることもできるのです。広島で相続のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です