誰でも巻き込まれる可能性があるのが遺産相続にまつわるトラブルです。相続する財産がそれほどないと思っていても、他の人との分割でトラブルになったり、相続税を払う必要があったりと考えなくてはならないことがたくさんあります。自分の亡き後、親しい人たちの間でこのようなトラブルが起こる可能性もあるのです。できればその前に備えておきたいものです。

自分亡き後の相続のためには遺言書を残しておくようにしましょう。財産の分け方などをしっかり指定しておくことで、遺産相続をめぐるトラブルを大幅に減らすことができます。財産の状況などは時間が経つにつれ変わっていきますから、定期的に作り直しておくのがおすすめです。誕生日など節目に更新しておくようにしましょう。

遺言書は一定のルールを守らなければ無効になってしまいますから、ルールを調べておくことも必要です。わからなければ専門家に相談したり、作ったものを見てもらうとよいでしょう。また、実際に遺産相続の場になって争いになったり、手続き上わからないことなどが出てきた場合も専門家の手を借りる必要があります。自治体では無料相談会などを開いていることがあるので、そういった場を利用してみるのもよいでしょう。

相続放棄などについては期間が限られていますので、急いで相談窓口を探すという事も必要になるかもしれません。近くの法律事務所などをリストアップしておくと、もしもの時に役立つことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です