病気で余命を宣告されると気が動転し、何もしたくないと思うほど気落ちしてしまうかもしれません。しかし、残された時間で行なう必要のあることはたくさんあります。その一つに相続対策があります。実際、余命宣告をされた後に、慌てて専門家に相続対策の相談で訪ねてくるという人は少なくありません。

では、急いで相続対策をしないといけない場合どのようなことを行えるでしょうか。行なえる一つのことは遺言書の作成です。遺言書がなければ残された家族の間で大きな争いになるということがあります。ですから、残された人たちのことを考えて遺言書を作成することは大切なことです。

しかし、もしかすると遺言書を書くほどの気力や体力が残っていないかもしれません。病気が悪化しているならなおさらのことです。ですがそれでも、公正証書遺言という方法で遺言を残すことができます。公正証書遺言というのは遺言を残す本人ではなく、公証人が作成するものです。

通常は公証役場に行き遺言を作成しますが、しかしそれが難しい場合には、公証人は家まで出張してくれることもがあります。そして公証人は当人の話を聞き遺言書作成してゆきます。たとえ当人が書くことができないとしても、公証人が本人の意志を聞いて書くならば正式な遺言書となります。もし、書くのが難しい状態にあるならばそれで方法を選ぶということができます。

余命宣告をされた後に遺言を残すことは大変な作業になる場合がありますが家族のためと思いやるようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です