相続対策はいつ行えば良いのでしょうか。実は、相続対策は被相続人が亡くなってから進めては遅いのです。効果の高い相続対策を行うのならば、被相続人が亡くなる前にお互いの話し合いで相続対策を行っておく必要があります。なぜ生前にこのようなことをする必要があるのでしょうか。

それは、生前に行うと相続税を非常に小さく抑えることもできるからです。一般的に財産を第三者に対して与える行為には税金が課せられることになりますが、実はこの税金に関して法律的な明確な基準が存在します。一定範囲の分与であれば年間に大きな金額を与えても税金を課されることがありません。こうした方法で何年もかけて第三者に財産を移していけば、実質的に税金を0の形で相続させることが出来るため非常に便利なのです。

では、具体的にそうした方法を実現するためにはどのようにすれば良いのでしょうか。それは、贈与という相続人と被相続人の契約で行うことです。贈与契約は相続と異なって意思表示によって効果を発揮する契約です。相続では法律に基づいて財産が分配されますが、贈与を利用すれば特定の人に生前に財産を分けることが出来ます。

贈与契約に必要なのはお互いの同意だけであり、それに関する契約書がきちんと残っていれば被相続人が亡くなった後でも贈与でもらった財産を被相続人が亡くなった後でも利用することが可能です。こうした方法は、何年も前から準備をして行わないと意味が無いため実際に行うときには速やかに実行しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です