生命保険の中でも終身保険は、保険料が高額になるため、普通に死亡時の保険金を期待すると、割に合わないことが多いとされています。しかし相続対策としては有効に活用できます。長生きしても契約が切れないからです。生命保険の死亡保険金は遺産ではありませんが、相続税を計算するときは遺産の一種と見なされます。

しかし500万円×法定相続人数の非課税枠があるため、相続税額を軽減することができます。たとえば法定相続人が子ども2人だけなら、1000万円までは非課税とされます。したがって1000万円の現金を残すより、保険料1000万円で死亡保険金1000万円の一時払い終身保険に加入したほうが有利になります。ただし配偶者は本来の非課税枠が大きいため、あまりメリットがありません。

遺産分割の争いを防ぐ意味でも、生命保険は相続対策として使えます。遺産の大部分が現在居住している不動産で、売却しないとスムーズに分割できないようなときは、特定の相続人を保険金の受取人に指定することで、争いを回避できる場合があります。また預金は相続人全員の合意がないと下ろせないため、死亡直後に当座の現金が足りなくなることがあります。生命保険に加入しておけば、すぐに保険金が振り込まれるので、相続税や葬式費用などに充てることができます。

とはいえ相続対策だけを考えて、生活資金まで犠牲にするのは本末転倒です。あくまで資産に余裕があるとき活用するのが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です