相続対策として考えることとして、まず節税があります。基礎控除額を超える財産を持っている場合、これをできるだけ小さくして税金を減らします。生前贈与を利用する場合、年間に110万円までであれば非課税で相続させられます。また、現金を相続するよりも不動産を相続させた方が得になることが多いです。

不動産は土地と建物の評価額を算出して課税しますが、現金と比べると50%以下になる傾向があります。マンションを購入する場合、高層階の方が節税効果は高くなります。マンションの評価額は床面積に応じて配分されるので、低層階でも高層階でも床面積が同じであれば相続の評価額は同じになりますが、実際に売買する価格は高層階の方が高くなるためです。相続対策では節税だけでなく、納税の対策も必要です。

いくら不動産を購入して課税対象額を少なくしても、それに対する税金を納めることができなければ相続できません。納税対策として有効なのが生命保険です。生命保険には契約者と被保険者が同じであれば、法定相続人ごとに500万円の控除があるため節税の効果もありますが、受け取れる時期が早く、納税資金としても利用できます。ただし、健康状態によっては保険に入れないことがあるので注意します。

相続対策として、相続争いも考えなければなりません。遺書を残すなどして、誰にどの程度の財産を相続させるか決めておくと良いです。また、生命保険で受取人を指定して財産を相続させることもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です