相続対策は、富裕層の死活問題です。子どもの世代、孫の世代に自分が築いた財産を残したいところですが、最近の税制改正などで相続税の強化の傾向が続いています。そのためにも、あの手この手の対策が編み出されています。毎年のように生前贈与を行うことで、相続税を減らすという手法があります。

例えば何も生前贈与しない場合と、毎年贈与の非課税枠の限度額を子どもや孫に贈与した場合、払う税金の額は、相続財産が2億円なら10年間で1000万円違う場合があります。相続対策として今から生前贈与するのも手として有効です。最近話題になっているのは、教育資金の贈与です。教育資金として、孫や子どもに1人あたり1500万円まで贈与したとしても非課税になります。

贈与された教育資金を、金融機関において孫や子どもの名義の口座などで管理し、この資金が教育費にちゃんと使われることを金融機関側が領収書などで確認し、保存します。口座については、子どもや孫が30歳に達するまで有効で、口座に使い残しがあるときにはその残った分に贈与税が発生し、課税されます。相続対策として、次の世代に財産を残す場合、長期的な計画を立てて、財産を前もって生前贈与してしまうのが大切です。マンションなどを贈与する場合でも、相続税評価額が低い時に、のちに値上がりしそうなものを残しておくことも相続対策として有力でしょう。

相続税の強化は今後も続きます。今のうちから相続対策について考えておきましょう。広島の交通事故の慰謝料のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です